三国通覧図説

林子平が1785年(天明5)に江戸で刊行した地誌。日本に隣接する三国、朝鮮・琉球・蝦夷と付近の島々について地図と文献をあわせたもの。自序と桂川甫周の序がある。「題初」に「国事にあずかる者地理を知らざるときは治乱に臨みて失うあり、兵士をさげて征伐を事とする者地理を知らざるときは安危の場に失うあり……」とある。91年『海国兵談』が禁にあったとき、本書もともに絶版となる。外圧を予感した先見的な書として意義は大きい。後にパリで翻訳出版され、アメリカとの小笠原諸島帰属問題が争われたときの有力資料ともなった。付図は「三国通覧輿地路程全図」(縦76.5×53.5)・「琉球全図」(76.5×53.5)・「無人島之図」(66.4×26.6)・「朝鮮国全図」(76.5×53.5)・「蝦夷国全図」(97.0×53.5)

所蔵:九州大学附属図書館 貴重書663-サ−10 縦26.5×横17.8




本ページに掲載する画像の無断使用は禁止します。

九州大学デジタルアーカイブ

(作成者:九州大学総合研究博物館協力研究員・西南学院大学 宮崎克則) 2006.6



三国通覧図説 三国通覧図説  付図