九州大学 DIGITAL ARCHIVES

訓蒙圖彙



■ページ作成■

総合研究博物館協力研究員
西南学院大学☆
宮崎克則

比較社会文化学府博士課程☆
武内さやか

人文科学府修士課程☆
原田愛

(作成2005.3.4)



■ブラウザソフト等の注意点■

対応ブラウザ:
Internet Exploer5.0以上を推奨
しています。




■本ページに掲載する画像の
無断使用は禁止します。■



九州大学デジタルアーカイブ

訓蒙圖彙(キンモウズイ)
kinmou-zui
編者:中村タ斎
巻数:全10巻
出版元:皇都(京都):九皐堂
刊行年:寛政元(1789)年3月
所蔵:九州大学文学部図書掛蔵
    「相見文庫」(和本54)
サイズ:23.0×16.0cm

蒙圖彙(キンモウズイ)は、江戸時代前期に作られた「絵入り百科事典」である。初版『訓蒙圖彙』は寛文6年(1666)に刊行された。以後、元禄8年(1695)には『頭書増補訓蒙圖彙』、寛政元年(1789)には『頭書増補訓蒙圖彙大成』が、それぞれ大幅な増補改訂を経て刊行されている。増補改訂の過程はこれからの研究を待つところであるが、このような改訂は「それぞれの時代に求められる姿へ装いを改めて行った歴史」(『月刊しにか』2000/3/1「江戸の百科事典を読む」勝又基)という風に捉えることが出来よう。
九州大学が所蔵しているのは寛政元年版に近い形態をしている。

『訓蒙圖彙』は序目2巻、本文20巻全14冊である。1頁に上下2図を載せている。和名と漢名、短い注記を付す。画者は不明(一説蒔絵師源三郎)。以後「・・訓蒙」という書名が流行となった。
第2版が寛文8年に刊行されている。1頁に4図が載り、序目・20巻全7冊に改められた。この版がもっとも多く流布した。ケンペル『日本誌』(1727)もこの版から模刻した図を多く載せているという。
ちなみに「訓蒙」とは理にうとい者(婦女子や初学者を指した)を教え諭すという意味である。『西鶴五百韻』(1679)に「重宝な訓蒙圖彙やあけぬらん」が見えるのだが、この書の普及を示す一端である。
元禄8年版、寛政元年版は初版から大きく形態を変えた。元禄8年版は新たな項目を増やし、「元禄時代に応じた啓蒙書」(猪又基)として通俗化した。寛政版は複数の項目を1頁に詰め込んでいる。絵画的な側面もあり美しい。画者は下河辺拾水。

者の中村タ斎(1629-1702)は江戸時代前期の儒学者である。京都の呉服商の家に生まれた。朱子学を独習し、天文学や尺度量衡にも精通していて音律にも詳しかったという。

河辺拾水(生没年未詳)は江戸時代の絵師である。京都妙心寺寺門前に住む。西川祐信に近い画風。 宝暦初年(1751)頃から絵本や挿絵を多く書く。武者絵にすぐれていた。

   巻一

増補訓蒙圖彙序
訓蒙圖彙叙
三才千字文序
凡例
目録

   巻二

巻之一 天文之部
巻之二 地理之部
巻之三 居處之部

   巻三

巻之四 人物之部

   巻四

巻之五 身體之部
巻之六 衣服之部
巻之七 宝貨之部
巻之八 器用之部

   巻五

巻之九 器用之部
巻之十 器用之部
巻之十一 器用之部

   巻六

巻之十二 畜獸之部
巻之十三 禽鳥之部

   巻七

巻之十四 龍魚之部
巻之十五 蟲介之部
巻之十六 米穀之部

   巻八

巻之十七 菜蔬之部
巻之十八 果クワ之部
巻之十九 樹竹之部

   巻九

巻之二十 花草之部

   巻十

巻之二十一 雑類
跋文
奥書